婚活、成婚、そして結婚までの道のり|結婚相談所・ブライダル情報センター京都

menu
婚活、成婚、そして結婚までの道のり 婚活、成婚、そして結婚までの道のり

お役立ちコンテンツCONTENTS

> > 婚活、成婚、そして結婚までの道のり

婚活、成婚、そして結婚までの道のり

2021年04月23日

カテゴリー: 婚活・お見合い情報

婚活のゴールはプロポーズ

婚活の目標は結婚相手と出会うこと。
「交際しているお相手」から「結婚相手」に変わるのはプロポーズの有無です。
プロポーズは「私と結婚してください」という結婚の申込みです。
それに対して答えが「YES」なら結婚のお約束ができたということ。
つまり婚約です。

婚活中はお見合い、プレ交際、真剣交際という過程がありますが、その先にプロポーズを目標に頑張っていただいています。
山あり谷ありの婚活だと思いますが、明確な目標があるので頑張り甲斐もあるというもの。
目標を達成できれば無事成婚退会です。
成婚退会の日を目指して走り続けてください。

めでたく成婚退会、その後は?

「ようやくプロポーズにOKをいただきました」
「待ち望んだ成婚退会、おめでとうございます」
と、喜びの日を迎える訳ですが、実はここからも多くのミッションが待っているのです。

婚活中のゴールはわかりやすいのですが、その後のことまで考えておられる方は少ないものです。
せっかく成婚退会まで到達しながら、その後の目標を見失ってしまうからも多いようです。
何から手を付けたらいいのかわからない…。
誰を頼ればいいのかわからない…。
そんなご不安やご心配をお持ちの方がよくいらっしゃるのです。

プロポーズ後にしなくてはいけないこと

無事にプロポーズが終わると、当然のことながらホッと安心します。
今まで頑張って婚活をしてきた重みがぐっとこみあげてくることでしょう。
余韻に浸るのはいいのですが、まだまだやることは山積です。
一つ一つ乗り越えていかなくてはいけません。

① 女性のご両親へのご挨拶
必ずしも女性が先ではないのですが、先ずは女性のご両親にご挨拶する方が多いです。
お二人の間では、結婚することはお約束されていますが、ご両親にもご了承いただかなくてはいけません。
そのためにご挨拶に伺う必要があります。

訪問の日はあらかじめ女性からご両親のご都合を伺っていただきます。
お約束の時間に遅れないように、また服装もきちんとスーツにネクタイも必須です。
手土産も持参されると思いますが、ご両親の好みは事前に確認してください。
嫌いなものやアレルギー、健康上控えなくてはいけないものもあるかもしれません。
「〇〇さんとの結婚を承諾していただけますか」
ときちんとご挨拶をなさってください。

② 男性のご両親へのご挨拶
女性のご両親に無事承諾をいただけたら、今度は男性宅です。
女性もTPOに合わせた服装や持ち物、メイクや髪形も清潔感を意識してください。
美しいネイルアートもいいのですが、ご両親世代にどう受け取られるか注意しましょう。
ご挨拶が済んで帰宅後には電話で
「無事に家に着きました。今日はありがとうございました」
とお礼を述べておくといいでしょう。
お手紙でも気持ちは伝わると思います。

③ 両家顔合せ
最近は結納の代わりに両家顔合せでお食事をするケースが多いようです。
ホテルのレストランや個室のあるお店がお薦めです。
ご両親とご本人、合せて6人までがいいでしょう。
ご兄弟姉妹は時と場合によりますが、事前に両家で打合せしておいてください。
できれば昼食の時間に充てて、帰りが遅くならない方がベターです。
ご両親のご意向にもよりますが、フランス料理やイタリアンよりもお箸の使える和食が好ましいでしょう。
ご両家が揃う機会はそう多くなく、次は結婚式になるかもしれません。
結婚式や新居についてのお二人のご意向などこの機会に伝えておいてください。

④ お住まい探し
先ずはお住まいが基盤になります。
希望する時期に希望する物件があるか否か、早めにリサーチを始めましょう。
1件だけでは心もとないので何件か回ってみる方がいいでしょう。
住みたい地域を実際に見て回って、周囲の環境など確かめておいてください。

⑤ 結婚式の打合せ
時期はいつ頃、どんな結婚式をしたいのか、先ずはお二人のイメージの摺合せをしましょう。
その上で関心のある式場に実際に見学に行ったり、ブライダルフェアに行ってみるのもお薦めです。

今からイメージしておくことが大切

婚活をするにあたり、結婚後のことまで簡単でいいのでイメージをしておくことが大切です。
そして真剣交際に入ったあたりから色々なご意向などお話をしておくと、その後もスムーズに事を運べます。
まだ結婚が決まっていない段階で、結婚後のお話をするのは抵抗があるかもしれません。
それでも価値観やビジョンをお話しないことには、結婚相手として相応しいか判断しにくいものです。
あくまで仮の話でいいので、きちんとお話をしておきましょう。
「もし結婚したら…」という仮定法ならお話しやすいと思います。
成婚退会して、その後の道筋を見誤らないように、一歩一歩確実に踏み固めてください。

TOPICS

CATEGORIES

pagetop