「まだ結婚できない男」このタイトル、心に突き刺さる人は男性だけではないはず!|ブライダル情報センター 京都サロンブログ

ベテラン婚活アドバイザーのブログベテラン婚活アドバイザーのブログ京都でお一人お一人に合った婚活と会員様全員の成婚率100%を目指します!現場密着型ベテラン婚活アドバイザーの泣き笑いブログ

お見合い

BICスタッフブログ > お見合い > 「まだ結婚できない男」このタイトル、心に突き刺さる人は男性だけではないはず!

「まだ結婚できない男」このタイトル、心に突き刺さる人は男性だけではないはず!

2019年10月09日 (水)
カテゴリー: お見合い, ブライダル, 婚活, 成婚, 結婚, 結婚相談所

こんにちは。

ブライダル情報センター京都サロンの広瀬です。


「まだ結婚できない男」皆さまご覧になりましたか。

昨日から始まったTVドラマのタイトルです。

13年前に「結婚できない男」が放映されていましたが、その続編です。


13年前に40歳だった結婚できない男桑野を演じたのは、俳優の阿部寛さん。

そして13年経った現在もまだ独身を貫いているという興味深い内容です。

タイトルが「続・結婚できない男」ではなく、

「まだ」がついて「まだ結婚できない男」になっているのが面白いですよね。


現実でもよくある設定だと思います。

仕事はバリバリ出来る、収入も安定している、ルックスもいい。

なのに細かいところでの偏見やこだわりが強く、結婚していない男性。

男性に限らず、女性も社会進出が当たり前のこの時代、似た方も多いと思います。

ドラマの桑野さんは、「結婚できない」のではなく、「結婚しない」そうですが、

今回の展開はどうなるのでしょうか。


このタイトルを聞いてドキッとした方は、結婚願望をお持ちの方でしょう。

少しでも結婚願望があるなら、素直に婚活をすべきだと私は思います。

中には本当に結婚に魅力を感じず、生涯独身主義の方もいらっしゃいます。

その方はご自身のポリシーなので、貫かれて全然構わないと思います。


でも「結婚したい」のに「結婚していない」方は、何かしらのギャップが生じています。

この溝は早めに埋めるようにしないと、自然に埋まることはありません。

しかも時間が経てば経つほど埋めにくくなってしまいます。

今出来ることをしっかりと行うようにして下さい。


では今何が出来るのか?

現実の世界では、なかなかドラマのような出会いは現れてくれませんよね。

しかも出会うだけではなく、お互いに惹かれ合って、

なんだかんだ言っても最終回には結婚するところまでのマイストーリーをそう簡単には描けないものです。

それが出来れば苦労はしない訳ですから、大変なことには違いありません。

でも何もせずにじっとしていれば、本当に13年過ぎてしまうかもしれません。


折角このブログを読んで下さっているなら、是非お話しにいらして下さい。

あなたのドラマをご一緒に作り上げていきましょう。

今、どのようなご状況か、どんな夢や理想をお持ちか、

それには何が足りないのか、何が必要なのか、ご一緒に考えてみませんか。


過ぎ去ってしまった1年よりもこれからの1年の方がずっとずっと大切です。

でも人は過去の自分より未来の自分の方が一つ年を重ねてしまいます。

あなたにとって、今からの1年は貴重な時間ではないですか。

ドラマは笑えても、自分の人生なら笑えないこともあるかもしれません。


無料カウンセリングのご予約はこちらからお待ちしております。

何も持たずにお気軽にお話するつもりでお越し下さい。

ブライダル情報センター京都サロン

チーフアドバイザー 広瀬祐子

京都サロン担当チーフアドバイザー 広瀬 祐子

京都サロン担当
チーフアドバイザー
広瀬 祐子

初めまして。
日々会員様のお幸せを願い、成婚率100%を目指しています。
ご入会時の不安と心配そうな表情がご成婚時の満面の笑みに変わることが私の生き甲斐です。
ご一緒に、明るく楽しく前向きに婚活してまいりましょう。